夢を写真に曵き出す表現への回帰

424ddf1
流行るSNSに惑わされました。多様な機能、流動性が溢れる媒体構造。インスタグラムは、まさしく世界的に本物のアーティストも参加している、無視は出来ない映像作品の集合媒体ですが。その骨格と基本構造はスマホ/デバイス使用が原則となっていて、遊戯性を含め即興的あるいは偶然する日常的出会いの映像や、アイディア勝負の素早い展開/投稿がもてはやされ、私の作り込んだ作品の投稿の“領域”では無い事を一月程で確認してきました。映像データを重層的に重ねて制作する電脳手作り美学は、やはりブログに向いているようです。正直早とちりをしたようです。夢を写真に曵き出す表現への回帰を、このブログに展開して行きます。よろしくご鑑賞をお願い致します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月22日 (土)

夢を曵く写真

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 6日 (月)

インスタのゆるい世界観へ

私はビジュアリスと名乗りますが、実はウォカーフォトグラファーを自認しています。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月20日 (月)

撮影と作品制作の体裁

写真撮影に使用するカメラ_ローライコードVbとブロニカS2 フィルム_ネガカラー...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年2月17日 (金)

映像とは夢の歴史ともいえるのでは

私はテレビをほとんど見ない。映画は好きだが、ヒロインと悪党、弾丸の交差するアクシ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«写真は言葉を持っているだろうか